コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鏡忍 きょうにん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鏡忍 きょうにん

?-784 奈良時代の僧。
審祥(しんじょう),良弁(ろうべん)に師事し,華厳(けごん),法相(ほっそう)をまなぶ。天平(てんぴょう)16年金鐘寺(東大寺)において慈訓,円証とともに華厳経を講義し,3年間で80巻を終了。のち東大寺を統率し,僧都(そうず)となる。延暦(えんりゃく)3年死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鏡忍の関連キーワード千葉県鴨川市広場鏡忍坊日暁工藤吉隆奈良時代審詳審祥

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android