コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慈訓 じくん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慈訓 じくん

691-777 奈良時代の僧。
持統天皇5年生まれ。法相(ほっそう)宗。大和(奈良県)興福寺で法相を,審祥(しんじょう)に華厳(けごん)をまなぶ。少僧都,興福寺初代別当となり,藤原仲麻呂と提携して仏教政策をすすめる。道鏡に解任されたが,道鏡の失脚後,少僧都に復帰。宝亀(ほうき)8年死去。87歳。河内(かわち)(大阪府)出身。俗姓は船。法名は「じきん」とも。著作に「梵網経上巻抄記」。

慈訓 じきん

じくん

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

慈訓

没年:宝亀8(777)
生年:持統5(691)
奈良時代の僧。「じきん」ともいう。河内国丹比郡(大阪府羽曳野市)の渡来系氏族船氏の出身。入唐僧の道昭の同族。興福寺に入り法相,華厳教学を学ぶ。華厳講師,宮中講師を経て,天平勝宝8(756)年聖武天皇の死に当たり,看病禅師として奉仕,父母などの課役を免除され,少僧都に任じられた。このころ,光明皇后と縁のある法華寺内の外嶋院に住み,藤原氏の氏寺興福寺別当になっていたらしい。藤原仲麻呂と関係が深く,仲麻呂政権の崩壊後失脚したが,道鏡没落に伴い,宝亀1(770)年再び少僧都となった。<参考文献>佐久間竜『日本古代僧伝の研究』

(鷺森浩幸)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じきん【慈訓】

?‐777(宝亀8)?
奈良時代の興福寺(山階寺)の僧。河内国船氏の出身。738年(天平10)山階寺の僧として《大般若経》を写経所から借り,740年写経所に《顕揚論疏》を貸し,のちしばしば経論を写経所に貸借した。755年(天平勝宝7)宮中講師となり,756年5月,聖武天皇の病気に看病禅師,華厳講師を務めた功で少僧都となり,その戸と父母の戸の課役を免ぜられた。763年(天平宝字7)道鏡の圧迫で少僧都を解任されたが,770年(宝亀1)道鏡が失脚し少僧都に復した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

慈訓の関連キーワード持統天皇慈光寺僧位良弁玄昉仁秀鏡忍審詳寿霊

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android