コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鐘ヶ淵紡績株式会社 かねがふちぼうせきかぶしきがいしゃ

防府市歴史用語集の解説

鐘ヶ淵紡績株式会社

 1935年(昭和10年)人造絹糸[けんし](人絹)の生産が始まりました。政府は羊毛に代わる人造綿花(スフ)の生産を緊急の国策としたため、鐘ヶ淵紡績(株)では1937年(昭和12年)生産を始めました。政府は人絹統制令[じんけんとうせいれい]を公布し、人絹の生産量を減らし、スフの増産を命じたので、防府工場ではスフの生産に切り替え、1941年(昭和16年)には人絹の生産を中止しました。太平洋戦争が始まると、1943年(昭和18年)鐘ヶ淵燃料工業株式会社が設立され、航空機燃料工場となりました。戦後、すべて国有財

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

鐘ヶ淵紡績株式会社の関連キーワード山中貞雄斎藤寅次郎成瀬巳喜男日本浪曼派五所平之助島津保次郎清水宏稲垣浩キューカー治安維持法

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android