コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長助法親王 ちょうじょほうしんのう

1件 の用語解説(長助法親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長助法親王 ちょうじょほうしんのう

1320-1361 鎌倉-南北朝時代,後伏見天皇の第6皇子。
元応2年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)の天台宗園城(おんじょう)寺の尊悟入道親王に師事。豊前(ぶぜん)守護宇都宮頼房にまねかれ,如法(にょほう)寺にはいる。のち霊仙寺にうつり,彦山座主(ざす)として世襲妻帯のはじめとなる。建武(けんむ)4=延元2年親王。園城寺長吏を3度つとめた。延文6=正平(しょうへい)16年2月8日死去。42歳。法名は別に助有。俗名は安仁。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

長助法親王の関連キーワード世尊寺伊俊持明院統大覚寺統北朝延文兼光魏晋南北朝時代康安吉野朝時代太虚元寿

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone