コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊悟入道親王 そんごにゅうどうしんのう

美術人名辞典の解説

尊悟入道親王

伏見天皇の第六皇子。諱は吉永。落飾して僧となり、円満院に住した。一身阿闍梨となって三度園城寺長吏に補せられる。二品に叙せられた。正平11年(1356)歿、57才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊悟入道親王 そんごにゅうどうしんのう

1302-1359 鎌倉-南北朝時代,伏見(ふしみ)天皇の皇子。
乾元(けんげん)元年生まれ。延慶(えんきょう)3年親王となり,正和(しょうわ)2年出家する。園城寺(おんじょうじ)長吏,熊野三山検校(けんぎょう),四天王寺別当となった。延文4=正平(しょうへい)14年7月29日死去。58歳。俗名は吉永。通称は後平等院宮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

尊悟入道親王の関連キーワード長助法親王南北朝時代北畠親子伏見天皇乾元

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android