コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長卯平 ちょう うへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長卯平 ちょう-うへい

1759-1837 江戸時代後期の治水家。
宝暦9年生まれ。家は筑前(ちくぜん)(福岡県)粕屋郡の大庄屋水利にめぐまれない郡の中央部に山をほりぬく灌漑(かんがい)水路建設を計画。同地出身の博多の豪商立石久明の援助をうけ,文化12年から7年の歳月をかけて完成させた。天保(てんぽう)8年10月死去。79歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長卯平の関連キーワードフェルディナンド1世[両シチリア王国]ポンバルスミートンナポリ王国ハレ・ウィッテンベルク大学細井平洲ボルテールワシントン(George Washington)関喜内細川興徳

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android