コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長台関戦国墓 ちょうだいかんせんごくぼChangtai-guan Zhan-guo-mu

2件 の用語解説(長台関戦国墓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長台関戦国墓
ちょうだいかんせんごくぼ
Changtai-guan Zhan-guo-mu

中国河南省信陽県長台関付近にある楚の墓。 1956年に河南省文化局によって2基の墓が発掘され,1号墓は長さ 15m,幅 12m,深さ約 10mの竪穴墓であった。槨室は角材を組んで造られ,前室,主室,後室など7個の小室に分けられ,主室内には2重の内槨と,さらに朱塗りの外棺,内棺が存在した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうだいかんせんごくぼ【長台関戦国墓 Cháng tái guān zhàn guó mù】

中国,河南省信陽県長台関鎮で発掘調査された2基の戦国時代の楚墓。1号墓の墓坑は長方形竪穴で,墓口の大きさは長さ14.5m,幅12.3m,深さ10.1mであった。墓坑の側壁には4段の階段が設けられ,東に傾斜墓道が存在する。墓坑の底には腰坑が掘られ,小鹿が納められていた。木槨は青灰色粘土で覆われ,東西長8.44m,南北幅7.58m,高さ2.5mの大きさで,槨内は7室に区分されていた。主室はひどい盗掘を受けていたが,二重の木棺が発見されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone