長坂三知(読み)ながさか みつとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長坂三知 ながさか-みつとも

?-1863 幕末の武士。
阿波(あわ)徳島藩士。淡路(あわじ)島北端の岩屋砲台司令をつとめる。文久3年7月21日旗をかかげずに岩屋沖をとおる国籍不明の軍艦(幕府の朝陽丸)を独断で砲手に砲撃させ,同日責任を負って自刃(じじん)。通称は禎次。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android