コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長尾隼人 ながお はやと

1件 の用語解説(長尾隼人の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長尾隼人 ながお-はやと

1651-1706 江戸時代前期の武士。
慶安4年生まれ。美作(みまさか)(岡山県)津山藩家老。元弘(げんこう)の乱の際に後醍醐(ごだいご)天皇をすくおうとした児島高徳(たかのり)の顕彰碑をたて,美作の旧記の保存,地誌「作陽誌」の編集をした。元禄10年藩主森家が改易(かいえき)となり,出雲(いずも)松江藩につかえる。宝永3年3月2日死去。56歳。出雲出身。本姓は土屋。名は勝明。通称はのち伊織。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の長尾隼人の言及

【美作国】より

…このように財政問題,社会問題が深刻化する中で,97年(元禄10)藩主森長成が死去し,養嗣の衆利が発狂したため森家嫡流は断絶した。森家の家老長尾隼人は文化遺産の保護保存に意を注ぎ,院庄の遺跡や宇那提(うなで)の森の保護,地誌・民間伝承の記録につとめた。 97年美作国は収公されて天領となったが,翌年松平宣富が津山藩主に封ぜられ,津山以西を中心に10万石を与えられた。…

※「長尾隼人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長尾隼人の関連キーワード朝倉在重生駒利勝大橋市右衛門岡田善紀蔭山親広死人小左衛門高木正次(2)多賀左近寺村山川藤堂良直

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone