長尾隼人(読み)ながお はやと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長尾隼人 ながお-はやと

1651-1706 江戸時代前期の武士。
慶安4年生まれ。美作(みまさか)(岡山県)津山藩家老。元弘(げんこう)の乱の際に後醍醐(ごだいご)天皇をすくおうとした児島高徳(たかのり)の顕彰碑をたて,美作の旧記の保存,地誌「作陽誌」の編集をした。元禄10年藩主森家が改易(かいえき)となり,出雲(いずも)松江藩につかえる。宝永3年3月2日死去。56歳。出雲出身。本姓は土屋。名は勝明。通称はのち伊織。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の長尾隼人の言及

【美作国】より

…このように財政問題,社会問題が深刻化する中で,97年(元禄10)藩主森長成が死去し,養嗣の衆利が発狂したため森家嫡流は断絶した。森家の家老長尾隼人は文化遺産の保護保存に意を注ぎ,院庄の遺跡や宇那提(うなで)の森の保護,地誌・民間伝承の記録につとめた。 97年美作国は収公されて天領となったが,翌年松平宣富が津山藩主に封ぜられ,津山以西を中心に10万石を与えられた。…

※「長尾隼人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android