コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長嶋蒼山 ながしま そうざん

1件 の用語解説(長嶋蒼山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長嶋蒼山 ながしま-そうざん

1819-1869 幕末の俳人。
文政2年生まれ。江戸で桜井梅室にまなぶ。安政2年橘田(きった)春湖と四国,九州をあるき,共著で「雲鳥(くもとり)日記」をだす。治水にくわしく金原(きんばら)明善と親交があった。死後刊行に「蒼山発句集」。明治2年1月19日死去。51歳。出羽(でわ)赤湯(山形県)出身。通称は慎七。別号に摩訶庵,雲の屋。編著に「なにをたね」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長嶋蒼山の関連キーワード藩学一覧女性参政権おらが春石田春律各務文献振鷺亭林国雄渡辺一閃緑岩粗粒玄武岩

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone