コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長嶋蒼山 ながしま そうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長嶋蒼山 ながしま-そうざん

1819-1869 幕末の俳人。
文政2年生まれ。江戸で桜井梅室にまなぶ。安政2年橘田(きった)春湖と四国,九州をあるき,共著で「雲鳥(くもとり)日記」をだす。治水にくわしく金原(きんばら)明善と親交があった。死後刊行に「蒼山発句集」。明治2年1月19日死去。51歳。出羽(でわ)赤湯(山形県)出身。通称は慎七。別号に摩訶庵,雲の屋。編著に「なにをたね」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

長嶋蒼山の関連キーワード俳人

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android