コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長板 ナガイタ

大辞林 第三版の解説

ながいた【長板】

茶道で、風炉釜ふろがま・水指みずさし・杓しやく立て・建水けんすい・蓋ふた置きなどをのせる長方形の板。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

長板の関連キーワードリターデーションプレート[各個指定]工芸技術部門ファーマコライトリビングストン鉱ベンジャミン鉱リンドグレン石エロス(天文)四分の一波長板檜枝岐(村)骨端部成長板バレンチン鉱清水 幸太郎松原 定吉ドーソン石松原 八光骨端成長板清水幸太郎エモンス石骨端軟骨飾り火箸

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長板の関連情報