コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長沢道寿 ながさわ どうじゅ

2件 の用語解説(長沢道寿の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長沢道寿 ながさわ-どうじゅ

?-1637 江戸時代前期の医師。
土佐(高知県)の人。曲直瀬玄朔(まなせ-げんさく),吉田宗恂(そうじゅん)にまなぶ。父理慶とおなじく山内一豊の侍医となる。のち辞して京都で開業し「土佐の道寿」とよばれた。寛永14年9月14日死去。号は柳庵,丹陽坊,売薬山人。著作に「医方口訣(くけつ)集」「治例問答」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

長沢道寿

没年:寛永14.9.14(1637.10.31)
生年:生年不詳
江戸前期の医者。号は柳庵,丹陽坊,売薬山人。父の理慶も医者で山内一豊に仕えた。曲直瀬玄朔と吉田宗恂 に医を学び,のち一豊に従って父と共に土佐に移り,父の没後(1611)家督を継いだが,間もなくこれを辞して上京。織田信雄に仕え,これも辞して以後は市井の医として活躍,「土佐の道寿」と医名を博した。古林見宜とは曲直瀬の同門。弟子に中山三柳 がいる。著書のうち『医方口訣集(愚按口訳集)』は臨床的価値が高く,現在もなお漢方界で用いられている。

(小曾戸洋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長沢道寿の関連キーワード浅見左逸意天春信曲直瀬玄鑑医者坊主医者坊手医者売薬高屋宋甫室玄樸

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone