コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長滝竹里 ながたき ちくり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長滝竹里 ながたき-ちくり

1805-1890 江戸後期-明治時代の彫刻家。
文化2年生まれ。印鈕(いんちゅう)(印鑑のつまみ)に亀,竜などをほる。壬生水石(みぶ-すいせき)に篆刻(てんこく)をまなぶ。画もよくした。明治23年3月死去。86歳。土佐(高知県)出身。通称は喜之丞。別号に断崖。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

長滝竹里の関連キーワード明治時代彫刻家

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android