コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壬生水石 みぶ すいせき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

壬生水石 みぶ-すいせき

1790-1872* 江戸時代後期の篆刻(てんこく)家。
寛政2年生まれ。土佐高知藩家老酒井勝作の与力詩歌書画にすぐれ,印刻をこのむ。中年をすぎて三雲仙嘯(せんしょう)の門人となり,諸名家から雅印をもとめられてひろくその名を知られた。明治4年12月24日死去。82歳。名は璞。字(あざな)は無名。通称は志摩介など。著作に「水石印譜」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

壬生水石の関連キーワード松野尾章行長滝竹里篆刻

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android