コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川新右衛門 はせがわ しんえもん

2件 の用語解説(長谷川新右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川新右衛門 はせがわ-しんえもん

1531-1612 織豊-江戸時代前期の殖産家。
享禄(きょうろく)4年生まれ。備後(びんご)(広島県)の人。慶長5年ごろ畳表(たたみおもて)の製法でそれまでの引通(ひきどおし)表にかわって,みじかいイグサを活用した中継(なかつぎ)表の製法を考案し,備後表の生産をさかんにした。この功績で7年郷士となる。慶長17年2月13日死去。82歳。名は道久。別名に菅野十郎左衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

長谷川新右衛門

生年:生没年不詳
17世紀初頭,畳表の中継表の創案者。備後国沼隈郡山南村(広島県沼隈町)の人。別名を菅野十郎左衛門。それまでの畳表は長い藺草を選んで織る引通表であった。慶長7(1602)年,新衛門が短い藺草を活用した中継表を創案し,備後表の生産が発展した。<参考文献>「畳表由緒書」(『沼隈郡志』)

(葉山禎作)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長谷川新右衛門の関連キーワード青山吉次織田信益国包(2代)順専正玄正山雪林竹若伊右衛門等木古田斎宮(初代)