コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川照治 はせがわ てるじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川照治 はせがわ-てるじ

1901-1976 大正時代の陸上競技選手。
明治34年3月15日生まれ。製材所につとめながらひとりで練習し,大正10年上海で開催された第5回極東選手権競技大会の25マイル(約40km)レースで優勝。以後,各地の大会で好成績をあげ,「吉備(きび)線の列車よりはやくはしる男」といわれた。昭和51年4月15日死去。75歳。岡山県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長谷川照治の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android