コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川玉峰 はせがわ ぎょくほう

美術人名辞典の解説

長谷川玉峰

幕末の四条派の画家。京都生。名は長盈・師盈、字は士進。松村景文の門に学び、花鳥画を能くした。明治12年(1879)歿、58才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川玉峰 はせがわ-ぎょくほう

1822-1879 江戸後期-明治時代の画家。
文政5年生まれ。京都の人。四条派の松村景文の門にまなび,花鳥画を得意とした。明治12年10月20日死去。58歳。名は師盈,長盈。字(あざな)は士進。別号に等斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

長谷川玉峰の関連キーワード長谷川玉純長谷川玉粹疋田春湖明治時代森川曽文森川曾文跡見玉枝磯部百鱗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android