コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長龍(ちょうりゅう)

デジタル大辞泉プラスの解説

長龍(ちょうりゅう)

奈良県、長龍酒造株式会社の製造する日本酒

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ちょうりゅう【長龍】

奈良の日本酒。純米大吟醸酒、大吟醸酒、純米吟醸酒純米酒本醸造酒がある。平成3~5、9、14、15、25、26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は主にアケボノなど。仕込み水は吉野川水系の伏流水蔵元の「長龍酒造」は昭和38年(1963)創業。大阪・八尾市にも営業拠点を持つ大手酒造メーカー。所在地は北葛城郡広陵町南。

ちょうりゅう【長龍】

奈良の日本酒。酒名は、創業者・飯田龍作が当地である長柄において酒造りを始めたことにちなみ命名。仕込み水は布留川の伏流水。蔵元の「飯田本店」は慶応年間(1865~68)創業。所在地は天理市長柄町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

長龍(ちょうりゅう)の関連キーワード下河辺長流西有穆山樽酒の日桂小米海援隊奈良県

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android