八尾市(読み)やお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八尾〔市〕
やお

大阪府中央東部,生駒山地西斜面から旧大和川沖積平野を占める市。 1948年八尾町,竜華町の2町と大正村,西郡村,久宝寺村の3村が合体して市制。開発は古く,弥生式遺跡や横穴古墳群,条里制の遺構などがみられる。中心市街地は八尾と久宝寺で,中世以降,八尾は大信寺の,久宝寺は西証寺 (のちの顕証寺) の寺内町として発達。 1889年大阪鉄道が通じてから工業・住宅地化が進み,大阪市の衛星都市となった。電機器具,紡績,アルミ金属,ゼラチン,プラスチックなどの製造が盛んで,歯ブラシの生産でも有名。近郊農業が行なわれ野菜,花卉のほか山麓ではブドウを栽培。南部には民間・自衛隊共用の八尾空港がある。大竹の心合寺山古墳 (しおんじやまこふん) は国の史跡。聖徳太子ゆかりの勝軍寺,常光寺,恩智神社などの古社寺も多い。東部の山岳地一帯は金剛生駒紀泉国定公園に属する。 JR関西本線 (大和路線) ,近畿日本鉄道大阪線,信貴線,大阪市営地下鉄谷町線が通る。面積 41.72km2。人口 26万8800(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八尾市の関連情報