コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

門百姓 カドビャクショウ

2件 の用語解説(門百姓の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かど‐びゃくしょう〔‐ビヤクシヤウ〕【門百姓】

地主の門わきの長屋などに住み、地主の雑用を務めるかたわら小作をした農民。門屋(かどや)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かどびゃくしょう【門百姓】

〔主家の門屋かどやに住むのでいう〕
主家から土地・住居を分与または貸与され、主家の雑用をしながら小作をする百姓。完全には自立せず、年貢・諸役は主家を通じる。門屋。家抱けほう。いえがかえ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の門百姓の言及

【門】より

…〈笑う門(かど)には福きたる〉のように,〈かど〉が家,家族を表し,さらに一族や家系をも表すような例があるのは,屋敷の出入口や門が家を象徴する役割を持っていたからだと考えられる。そのほか,江戸時代には農家の屋敷の出入口近くに建つ小屋を門屋(かどや)と呼び,そこに住む隷属的な農民を門百姓(かどびやくしよう)や門屋と呼ぶこともあった。以上のような用例からもわかるように,日本の古い時代には,屋敷の出入口が社会的・精神的生活上で重要な意味を持っており,人馬や車の交通を遮断するだけの場所ではなかった。…

【小作制度】より

…小作地の大部分は田畑であるが,屋敷地,山林などの地目も対象となり,一部の地域では牛馬などの家畜も小作の対象となっている。小作人の名称については作人,作子,門百姓,被官,名子などがあり,小作料は掟米,下作米,加地子,余米,入上米,小作奉公などとも呼ばれた。近世の小作制度に関しては,《地方凡例録》では直(じき)小作・別小作・永(えい)小作・名田(みようでん)小作・家守小作・入小作の6種類をあげている。…

※「門百姓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone