コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

門限面倒 もんげん めんどう

2件 の用語解説(門限面倒の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

門限面倒

狂歌師。通称高橋徳八、号は門限面堂とも書く。江戸日本橋浜町住。狂歌は四方側の社中で天明作家の一人。享和3年(1803)歿。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

門限面倒 もんげん-めんどう

?-1804* 江戸時代中期-後期の狂歌師。
上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)藩士。江戸日本橋にすむ。四方(よも)側の社中。享和3年12月死去。姓は高橋。通称は徳八。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

門限面倒の関連キーワード柳直成釈氏定規千里亭藪虎橘貞風東随舎花江戸住抱亭五清柳原竹光柳原向やはり棟梁