開示悟入(読み)かいじごにゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開示悟入
かいじごにゅう

仏教用語。『法華経方便品のなかに説かれる言葉。諸仏世尊は,衆生に仏の悟りの内容を開き示し,仏の悟りの内容を悟らせようとし,また仏道に入らせようとする大切な目的を機縁として,この世に現れたということ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かいじ‐ごにゅう〔‐ゴニフ〕【開示悟入】

仏語。世の人々に、仏の智見(ちけん)を開示し、悟らせ、仏道に入らせること。法華経(ほけきょう)に説く、仏がこの世に現れた目的を要約した語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいじごにゅう【開示悟入】

法華経に説く、仏がこの世に現れた目的。仏の悟りを衆生に示し、仏果に導くこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android