コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開示悟入 かいじごにゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開示悟入
かいじごにゅう

仏教用語。『法華経方便品のなかに説かれる言葉。諸仏世尊は,衆生に仏の悟りの内容を開き示し,仏の悟りの内容を悟らせようとし,また仏道に入らせようとする大切な目的を機縁として,この世に現れたということ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かいじ‐ごにゅう〔‐ゴニフ〕【開示悟入】

仏語。世の人々に、仏の智見(ちけん)を開示し、悟らせ、仏道に入らせること。法華経(ほけきょう)に説く、仏がこの世に現れた目的を要約した語。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいじごにゅう【開示悟入】

法華経に説く、仏がこの世に現れた目的。仏の悟りを衆生に示し、仏果に導くこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

開示悟入の関連キーワード仏果仏語

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android