コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

機縁 きえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

機縁
きえん

仏教の教えによって教導される者の素質といい,これが教えを説き救いの働きを現すゆかりとなることをいう。また単にゆかり,機会をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

き‐えん【機縁】

仏語。教えを求める資質が、教えを説くきっかけとなること。
ある物事が起こったり、ある状態になったりする、きっかけ。縁。「子供のときに読んだ本が機縁となって今の仕事に就く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きえん【機縁】

〘仏〙 本人に備わっている仏道に向かう能力(機根)がもたらす、教化を受ける機会(縁)。
縁。きっかけ。 「一冊の本が-となって友となった」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

機縁
きえん

もと仏教語で、根機(こんき)・因縁(いんねん)の略。仏の教えを受けるものの素質能力(根機)と、仏の教えに触れる原因条件(因縁)とをいい、この両者が熟して初めて仏の衆生教化(しゅじょうきょうげ)があるとされる。現在では広く「機会」「契機」「動機」などの意に用いられる。
 特殊な用法として、禅宗では、師が弟子に対して、機に臨み、縁に応じて教育するもっとも適切な方法手段をいう。[藤井教公]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の機縁の言及

【公案】より

…仏や祖師の説法,もしくは問答を指す。機縁,因縁,話頭,または単に話ともいう。宋初につくられる禅宗史書の一つ《景徳伝灯録》に,過去七仏より編者の時代に至る,1701人の仏祖の名を掲げ,その問答を伝法の順に集録することから,一千七百の公案という発想があらわれる。…

※「機縁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

機縁の関連キーワードネミロビチ・ダンチェンコクニッペル・チェーホワ悲しむ・哀しむ・愛しむ岩波書店[株]チルンハウゼンインド人協会アンデルシュ無名人の手紙延宝伝灯録機会原因論中村 梅吉テッツェル純熟・淳熟マイエットヒルティ司馬相如鞍懸吉寅倉田百三塚本虎二城山古墳

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

機縁の関連情報