コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開花ホルモン かいかホルモンflowering hormone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開花ホルモン
かいかホルモン
flowering hormone

日長条件の変化により花芽形成を誘導する植物ホルモンのこと。フロリゲンと命名され,日長条件の変化を認識した葉で合成されて花芽の形成部位に移動する。移動は生きている組織間でのみ可能である。しかし,その移動の速度まで計測されているにもかかわらず,いまだに化学構造は分かっていない。開花ホルモンは長日・短日植物両方の花芽形成を誘導しうることから,このホルモンは1種類と考えられてきたが,最近では疑問視されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かいか‐ホルモン〔カイクワ‐〕【開花ホルモン】

植物の茎の先端に作用し、花芽形成を起こさせるホルモン。花成素。花成ホルモン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいかホルモン【開花ホルモン】

花芽の分化を促進する植物ホルモン。花成ホルモン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

開花ホルモンの関連キーワード分化