一張一弛(読み)イッチョウイッシ

  • いっちょういっし イッチャウ‥
  • いっちょういっし〔イツチヤウ〕
  • 一張一×弛

デジタル大辞泉の解説

《「礼記」雑記下から》を張ったりゆるめたりするように、気持ちをひきしめたりゆるめたりすること。厳格さと寛大さを交互に示すこと。また、盛んになったり衰えたりすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 弦を強く張ったり、ゆるめたりすること。転じて、物事の度合いが強くなったり弱くなったりすること。また、強めたり弱めたりすること。
※夜航余話(1836)下「『滕王閣』の詩は、殊に簡短にして淡薄なり。これは序文に靡麗を極けるゆゑ、わざと浅々として巧を用ひず。いはゆる一張一弛の法なり」 〔礼記‐雑記下〕
② 取引所の用語。相場が小高下をくり返すこと。相場が持ち合うこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

ある時には緊張し、ある時には緊張をゆるめること。政治などで、適度に厳格にし、適度に寛大にすることや、物事にめりはりをつけることについていう。

[使用例] 一張一人道の常にして、其今日の風を成せしはけだし勢い也[中江兆民*一年有半|1901]

[使用例] 爾来天下晴れての自由競争を続けて一張一弛の姿であったが[矢田挿雲江戸から東京へ|1921]

[解説] 「一張」「一弛」は弓を強く張ったりゆるめたりすることで、張る時ばかり続けば弓自体を弱くし、かといって、ゆるめたままで張る時がなければ、弓幹が狂います。そこで、張る、ゆるめるの交替を得策として説いたものです。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android