閑人(読み)カンジン

デジタル大辞泉の解説

かん‐じん【閑人】

暇のある人。俗用を離れ、ゆっくりした生活をしている人。ひまじん。
「往来の木陰で―たちの盛んに弁じている声が」〈中島敦・弟子〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんじん【閑人】

ひまな人。ひまじん。 「 -閑話」
俗世間を離れてわび住まいする風流人。 「 -の茅舎をとひて/野ざらし紀行」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐じん【閑人】

〘名〙 ひまのある人。現職を退いた人。俗用を離れて、風流なすまいをしている人。ひまじん。
※菅家文草(900頃)三・三年歳暮、欲更帰州、〈略〉寄尚書平右丞「衙早尚書長劇務、告帰刺史暫閑人」
※本佐録(17C後)序「正信は駿州に久しく閑人にして」 〔蘇軾‐記承天寺夜遊文〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

閑人の関連情報