現職(読み)げんしょく

精選版 日本国語大辞典 「現職」の意味・読み・例文・類語

げん‐しょく【現職】

〘名〙 現在ついている職務職業。また、現在、ある職務、職業についていること。
大塩平八郎(1914)〈森鴎外〉一「東町奉行跡部山城守良弼も去年四月に現職(ゲンショク)に任ぜられて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「現職」の意味・読み・例文・類語

げん‐しょく【現職】

現在、ある職務に就いていること。また、その職業や職務。「現職警官
[類語]無職定職職業役職激職要職顕職名誉職閑職前職仕事生業せいぎょうぎょうなりわい商売渡世家業稼業ビジネス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「現職」の読み・字形・画数・意味

【現職】げんしよく

現在の職。

字通「現」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android