コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間十次郎 はざま じゅうじろう

2件 の用語解説(間十次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

間十次郎 はざま-じゅうじろう

1678-1703 江戸時代前期の武士。
延宝6年生まれ。間喜兵衛の長男。赤穂(あこう)四十七士ひとり。父と弟間新六とともに主君浅野長矩(ながのり)の仇(あだ)討ちに参加。元禄(げんろく)15年の討ち入りで炭小屋にいた吉良義央(きら-よしなか)を槍(やり)でさし首級をあげる。元禄16年2月4日水野邸で切腹。26歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。名は光興(みつおき)。号は如柳。名は重治郎ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

はざまじゅうじろう【間十次郎】

1678~1703) 江戸中期、赤穂浪士の一人。名は光興。炭小屋で吉良義央よしなかを仕留めた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

間十次郎の関連キーワード新井正済奥田貞右衛門朽木良綱死人小左衛門清水一学多賀左近寺村山川間新六間瀬孫九郎由宇勘平

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone