コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間十次郎 はざま じゅうじろう

2件 の用語解説(間十次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

間十次郎 はざま-じゅうじろう

1678-1703 江戸時代前期の武士。
延宝6年生まれ。間喜兵衛の長男。赤穂(あこう)四十七士ひとり。父と弟間新六とともに主君浅野長矩(ながのり)の仇(あだ)討ちに参加。元禄(げんろく)15年の討ち入りで炭小屋にいた吉良義央(きら-よしなか)を槍(やり)でさし首級をあげる。元禄16年2月4日水野邸で切腹。26歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。名は光興(みつおき)。号は如柳。名は重治郎ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

間十次郎の関連キーワード菊岡如幻間十次郎小野寺十内竹本座草梁倭館と日本人居留地放課後等デイサービス男性の1人世帯和蘭呉三桂浄真寺

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone