コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間十次郎 はざま じゅうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

間十次郎 はざま-じゅうじろう

1678-1703 江戸時代前期の武士。
延宝6年生まれ。間喜兵衛の長男。赤穂(あこう)四十七士のひとり。父と弟間新六とともに主君浅野長矩(ながのり)の仇(あだ)討ちに参加。元禄(げんろく)15年の討ち入りで炭小屋にいた吉良義央(きら-よしなか)を槍(やり)でさし首級をあげる。元禄16年2月4日水野邸で切腹。26歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。名は光興(みつおき)。号は如柳。名は重治郎ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はざまじゅうじろう【間十次郎】

1678~1703) 江戸中期、赤穂浪士の一人。名は光興。炭小屋で吉良義央よしなかを仕留めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

間十次郎の関連キーワード四十七士(赤穂四十七士)赤穂浪士赤穂義士間光興

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android