コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直接 チョクセツ

デジタル大辞泉の解説

ちょく‐せつ【直接】

[名・形動](スル)間に他のものをはさまないで接すること。間に何も置かないで関係したり、働きかけたりすること。また、そのさま。副詞的にも用いる。「事故の直接の原因」「相手国政府への直接な(の)交渉」「会って直接話す」⇔間接
「是等は唯書生の一身に―して然るのみ」〈福沢福翁自伝

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょくせつ【直接】

( 名 ) スル
間に何も介在しないで、じかに接すること。 ↔ 間接 「 -の知り合い」 「其学医は…漸く患者に-して診察を遂げしに/福翁百話 諭吉
( 副 )
(「に」を伴っても用いる)
間に何も挟まず、対象にじかに接するさま。じかに。そのまま。 「外気に-ふれる」 「本人から-聞いた話」 「社長と-談判する」
回り道や寄り道をしないで、目的地に行くさま。まっすぐ。 「学校から-会場に行く」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

直接の関連キーワードスチームインジェクションシーリングライト直接審理主義ライン部門肌ジュバン元受保険料壁越し推量転ばし根太行間を読む相対取引金口直説施工基面資本収支地場消費直間比率間接部門直接染料住民投票贅沢品別問題

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

直接の関連情報