コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間欠的腹膜透析 かんけつてきふくまくとうせきintermittent peritoneal dialysis; IPD

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

間欠的腹膜透析
かんけつてきふくまくとうせき
intermittent peritoneal dialysis; IPD

体より 1mくらい上方からボトル入りの透析液1~2 l を腹膜内へ入れ,30~45分間滞留させた後,こんどは体より 50cm~1mくらい下方に置かれたボトル内へ排液させる方法。これで1日 10~15回,繰り返し体液 (血液) の浄化を行なう。ボトルとチューブの接続個所から細菌が入りやすく,また腹膜炎を起こす危険が多いのと,治療中はベッドに拘束されるので,主として入院中の患者で急性腎不全など緊急の場合や,慢性腎不全血液透析に移るまでの期間の治療に用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android