コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間脳症候群 かんのうしょうこうぐんdiencephalic syndrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

間脳症候群
かんのうしょうこうぐん
diencephalic syndrome

ラッセル症候群ともいう。正常な発育をしていた乳幼児が生後3ヵ月から2年に,食欲は正常で下痢も嘔吐もなく,しかも活発で上機嫌なのに,極端にやせてくる症状群。間脳は視床と視床下部から成るが,この間脳症候群は 1951年にラッセルが最初に報告して以来,現在までの報告例はほとんどが視床下部の前部をおかす脳腫瘍であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

間脳症候群の関連キーワードラッセル症候群

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android