コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関喜内 せき きない

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関喜内 せき-きない

1759-1837 江戸時代中期-後期の養蚕家。
宝暦9年6月1日生まれ。出羽(でわ)雄勝郡(秋田県)川連村の肝煎(きもいり)(名主)役。文化3年陸奥(むつ)伊達郡(福島県)から養蚕技術者をまねき蚕種製造技術をならわせた。のち久保田藩の養蚕方支配人をつとめる。天保(てんぽう)8年6月23日死去。79歳。本姓大関

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

関喜内

没年:天保8.6.23(1837.7.25)
生年:宝暦9.6.1(1759.6.25)
江戸後期,出羽国雄勝郡川連村(秋田県稲川町)の肝煎。秋田藩に養蚕業の普及を建言した。同村枝郷野村の農業大関喜四郎の第4子で,肝煎佐藤七右衛門の筆役を務めたのち,享和1(1801)年より肝煎となる。同村枝郷上野村に移住し関を名乗る。文政3(1820)年福島産の蚕種紙を追放し国産種紙の生産を建言。同9(1826)年,秋田藩勘定方役人金易右衛門の支持を得て秋田郡川尻村(秋田市)に藩営の養蚕座が設立され,その支配人となる。蚕種紙の移出,桑の植え立てなど養蚕業の普及に尽力した。<参考文献>『稲川町史』

(渡辺英夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

関喜内 (せききない)

生年月日:1759年6月1日
江戸時代中期;後期の出羽国雄勝郡川連村の肝煎
1837年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

関喜内の関連キーワード茂木亀六生年月日

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android