コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関政泰 せき まさやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関政泰 せき-まさやす

?-1247 鎌倉時代の武将。
関俊平(としひら)の弟政綱の子。鎌倉幕府の御家人承久(じょうきゅう)の乱のとき朝廷側についたが敗れ,幕府軍に降伏した。のち,宝治(ほうじ)合戦では,妻の兄の三浦泰村(やすむら)にくみしたが北条時頼(ときより)に敗れ,宝治元年6月5日自害した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関政泰の関連キーワード鎌倉時代関俊平

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android