コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関東天然瓦斯開発(読み)かんとうてんねんがすかいはつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関東天然瓦斯開発
かんとうてんねんがすかいはつ

天然ガス会社。三井系。 1917年朝日興業として設立。 31年石油鉱区の取得・採掘,石油の販売および天然ガス供給に事業転換し,49年都市ガスの供給を開始。 51年には副産品ヨードの販売を始める。 57年現社名に変更。収益の基盤は千葉県茂原市周辺の都市ガス向けのものであるが,輸入 LNGとの競合を強いられている。売上構成比は,天然ガス 84%,ヨード 14%,かん水2%。年間売上高 264億 8800万円 (連結。うち輸出 10%) ,資本金 79億 200万円,従業員数 160名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

関東天然瓦斯開発

正式社名「関東天然瓦斯開発株式会社」。英文社名「Kanto Natural Gas Development Co., Ltd.」。天然ガス会社。大正6年(1917)「朝日興業株式会社」設立。昭和32年(1957)現在の社名に変更。本社は東京都中央区日本橋室町。東京電力系。千葉県茂原市にガス鉱区を持つ。ガス採取副産物のヨードの生産は世界有数。東京証券取引所第1部旧上場。平成26年(2014)大多喜ガスと共同持株会社「K&Oエナジーグループ株式会社」設立、完全子会社となり上場廃止。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関東天然瓦斯開発の関連情報