コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関東軍特別大演習 かんとうぐんとくべつだいえんしゅう

1件 の用語解説(関東軍特別大演習の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関東軍特別大演習
かんとうぐんとくべつだいえんしゅう

1941年6月 22日の独ソ開戦直後に,対ソ進攻を想定して満州で行なった大演習。略して関特演とも呼ばれる関東軍 12個師団,2個飛行集団,朝鮮軍2個師団と,内地から2個師団の兵力約 70万人,飛行機 600機,馬 14万頭が参加した。7月2日に大本営で決定。7月7日に動員が下命された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

関東軍特別大演習の関連キーワード治安維持法日米交渉陥没カルデラ教養小説戦争と天気図ザ・ピーナッツロスビー後退変成作用カルデラ三田佳子

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone