関特演(読み)かんとくえん

日本大百科全書(ニッポニカ)「関特演」の解説

関特演
かんとくえん

日本軍による対ソ戦準備のための大動員関東軍特種演習略称。1941年(昭和16)6月、独ソ戦が開始されると、日本陸軍内には対ソ侵攻論が急速に台頭し、7月2日の御前会議では、秘密裏に対ソ戦準備を整え、独ソ戦の戦況が日本にとって有利に進展した場合には、対ソ戦を開始することが決定された(情勢推移に伴ふ帝国国策要綱)。このため、7月7日には最初の動員令が下令され、7月下旬から9月にかけて動員部隊満州、朝鮮への大輸送が行われた。この動員、集中は陸軍建軍以来最大の規模のものであり、関東軍兵力は人員約70万、馬匹約14万、飛行機約600機にまで増強され、満州、朝鮮には多数の軍需資材が集積された。しかし、日本の期待に反してソ連軍はドイツ軍の猛攻に耐え、極東ソ連軍の西方への移送も比較的小規模のものにとどまったため、8月9日、大本営陸軍部は年内における対ソ侵攻作戦を断念する方針を決定したのである。関特演は、企図秘匿上の考慮から「演習」という呼称を用いてはいるものの、実際には対ソ武力発動を前提とした作戦準備行動であり、日ソ中立条約を侵犯するものであった。

[吉田 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「関特演」の解説

かん‐とくえん〔クワン‐〕【関特演】

《「関東軍特種演習」の》昭和16年(1941)夏に日本軍が行った対ソ戦準備。演習と称してソ満国境近くに関東軍兵力70万を動員したが、開戦には至らなかった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「関特演」の解説

関特演【かんとくえん】

1941年独ソ開戦のとき日本陸軍が行った動員。関東軍特別演習の略称。同年6月独ソが開戦すると,日本は対ソ参戦を想定し,7月関東軍を動員,兵力を戦時定員に充実するほか,多数の部隊,弾薬・資材を満州(中国東北)に輸送した。この結果,関東軍は70万を越す大兵力となった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「関特演」の解説

かんとくえん【関特演】

関東軍特種演習の略称で,日本軍が実施した対ソ作戦準備。1941年6月22日独ソ戦が開始されると,7月2日の御前会議は〈情勢の推移に伴う帝国国策要綱〉を採択し,独ソ戦が有利に進展したら武力を行使して北方問題を解決するとの方針を決定した。これに基づいて7月7日関特演の動員令が下り,13日内地から約300の各部隊の動員につづいて,16日第2次動員として14個師団基幹の在満州・朝鮮部隊と内地2個師団が動員され,北満に膨大な人力と資材が集積された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android