関根友彦(読み)せきね ともひこ

  • 関根友彦 せきね-ともひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1933- 昭和後期-平成時代の経済学者。
昭和8年11月22日生まれ。関根秀雄次男。国連統計局に勤務。ロンドン大に留学ののち,昭和58年カナダのヨーク大教授。近代経済学マルクス経済学を研究し,55年宇野弘蔵著「経済原論」を英訳した。平成6年愛知学院大教授。東京出身。一橋大卒。著作に「経済学の方向転換広義の経済学事始」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android