コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関根痴堂 せきね ちどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関根痴堂 せきね-ちどう

1841-1890 明治時代の漢詩人。
天保(てんぽう)12年生まれ。もと三河(愛知県)岡崎藩士。明治15年「時事新報」にはいり詩壇を担当。晩年,当時の風俗・人情をうつした漢詩をつくった。明治23年9月22日死去。50歳。名は柔。字(あざな)は延年。通称は録三郎。作品に「豊橋四時襍詠(しゅうえい)」「東京新詠」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関根痴堂の関連キーワード渡辺小華明治時代

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android