コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関良助 せきりょうすけ

3件 の用語解説(関良助の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

関良助【せきりょうすけ】

相馬大作

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関良助 せき-りょうすけ

?-1820* 江戸時代中期-後期の製糖家。
薩摩(さつま)(鹿児島県)の人。四国巡礼の途中,讃岐(さぬき)湊村(香川県白鳥(しろとり)町)で病気にかかり,地元の医師向山(さきやま)周慶に介抱される。いったん帰郷後,甘蔗(かんしょ)(サトウキビ)をたずさえて讃岐にうつりすみ,周慶の砂糖製造に協力した。ふたりをまつった向良(こうら)神社が白鳥町にある。文政2年11月21日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

関良助

没年:文政2.11.21(1820.1.6)
生年:生年不詳
江戸中期,讃岐の製糖業に尽力した人物。薩摩の人。天明(1781~89)ごろに四国巡礼の途中,讃岐(香川県)高松藩の湊村で病にかかっていたのを,近在の医者向山周慶に助けられ,のち讃岐に移住して周慶と共に砂糖製造に従事したと伝える。子孫は塩屋村(大川郡引田町)に住んだ。弘化3(1846)年に周慶と良助を祀った向良神社(白鳥町)が建てられた。<参考文献>岡田唯吉『讃岐製糖史』

(木原溥幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone