コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閨怨 ケイエン

デジタル大辞泉の解説

けい‐えん〔‐ヱン〕【×閨怨】

夫と別れた婦人が、ひとり寝の寂しさをうらむこと。また、その気持ち。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けいえん【閨怨】

夫と離れている女性がひとり寝のさびしさをうらむこと。また、その気持ち。 「 -の詩」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

閨怨の関連キーワード緣・円・冤・厭・園・圓・堰・塩・婉・媛・宛・宴・延・怨・捐・掩・援・沿・淵・演・炎・焉・焔・焰・煙・燕・猿・縁・艶・苑・衍・遠・鉛・鹽清水 三重三清水三重三砧(能)小野小町王昌齢額田王辺塞詩拝月亭香奩体

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android