コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

闘争技術 とうそうぎじゅつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

闘争技術
とうそうぎじゅつ

ある一定の目標の成就をめぐり利害が反する個人,集団,階級,国家などが自己に敵対するものに対して闘争する方法。その手段や技術には説得,宣伝,妥協 (協定) ,非難,威嚇,詐術,集団示威など間接的かつ非物理的手段の駆使から,一揆暴動反乱クーデター,暗殺,戦争など物理的強制手段の直接行使まで含まれる。物理的強制手段を駆使した闘争の典型は戦争であり,古くから戦争技術の学問である兵学が発達してきた。特に内外の政治情勢を的確に把握して,意識的に国家形態 (国制) や社会の変革を企図する統治理論,革命理論には,すぐれた政治技術や闘争技術を含んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android