コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阪口夢穂 さかぐち みずほ

1件 の用語解説(阪口夢穂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阪口夢穂 さかぐち-みずほ

1987- 平成時代の女子サッカー選手。
昭和62年10月15日生まれ。ポジションはMF。平成15年スペランツァFC高槻にはいる。のちFCヴィトーリアをへて,18年からTASAKIペルーレFCに所属。日本代表(なでしこジャパン)のデビューは18年AFC女子アジアカップのベトナム戦。20年北京五輪代表となり4位入賞をはたす。21年アメリカWリーグのFCインディアナへ,22年アルビレックス新潟レディースに移籍。23年FIFA女子ワールドカップで日本代表に選ばれ,全試合に先発出場して金メダル獲得に貢献。24年日テレ・ベレーザに移籍。同年ロンドン五輪代表に選ばれ,全6試合に出場して銀メダルを獲得。27年FIFA女子ワールドカップ日本代表にえらばれ,全7試合中6試合に出場し,オランダ戦でゴールするなど準優勝に貢献。大阪府出身。東百舌鳥高卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

阪口夢穂の関連キーワード皇后杯国内の女子サッカー池田浩美柳田美幸宇津木瑠美福元美穂矢野喬子岩渕真奈鮫島彩村松大輔

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

阪口夢穂の関連情報