コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防舷物 ぼうげんぶつfender

翻訳|fender

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

防舷物
ぼうげんぶつ
fender

船の舷側に取付けた緩衝物。船舶が繋岸するとき,または他船に横付けの場合に,接触による衝撃力をやわらげて,相互の損傷を防止するために使用される。コルクをタール・ロープで包み込んだ球形のコルク・フェンダー,丸太などの木製フェンダー,古マニラ麻索を束ねたロープ・フェンダー,ゴム管にチェーンを通してつるすラバー・フェンダー,古タイヤの利用などがある。これらの緩衝物を,桟橋,岸壁,浮標などに取付けた場合は,防護材と呼ぶ。また防舷材とは,船の舷側に氷よけのためにつける緩衝材,または砕氷船の前方の傾斜した部分のことをさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android