コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防長回天史 ぼうちょうかいてんし

百科事典マイペディアの解説

防長回天史【ぼうちょうかいてんし】

末松謙澄の著。1911年―1920年刊。全12冊。長州藩天保改革から1871年の廃藩置県までを記述。山路愛山堺利彦らも編纂(へんさん)に参加。明治維新史研究の好史料。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうちょうかいてんし【防長回天史】

幕末・維新期の長州藩を叙述した史書。伊藤博文につらなる政治家・文化人の末松謙澄が著者。毛利家旧重臣とともに山路愛山や堺利彦らが編纂に参加し,毛利家の依頼で編纂が始められたとはいえ,客観的叙述が見られる。引用史料も豊富で,天保期(1830‐44)から廃藩置県に及ぶ貴重な通史である。1911年初編刊行。20年全6編12巻完結。同年,修訂も成った。【井上 勝生】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

防長回天史の関連キーワード末松 謙澄毛利敬親杉孫七郎七卿落防長

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android