コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿僧祇 あそうぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿僧祇
あそうぎ

サンスクリット語 asaṃkhyaの音写。仏教用語。数えられないとの意から,無量または無数を意味する。無数 (むしゅ) ,無央数 (むおうしゅ) と漢訳される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あそうぎ【×阿僧×祇】

《〈梵〉asaṃkhyaの音写。無数・無央数と訳す》
数えられないほどの大きな数。
数の単位。10の56乗。一説に、10の64乗。→位(くらい)[表]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あそうぎ【阿僧祇】

数えられないこと。数えられないほど大きな数。
数の単位。10の56乗。一説に、10の64乗。 〔塵劫記〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

阿僧祇の関連キーワード伎・偽・僞・儀・妓・宜・戯・戲・技・擬・欺・犠・犧・疑・祇・義・艤・蟻・誼・議・魏サンスクリット語三阿僧祇劫10進法塵劫記塵点劫一説僧祇

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android