コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿知子顕成 あちし あきなり

美術人名辞典の解説

阿知子顕成

江戸前期の俳人。泉州堺の人。また山井氏、通称を作左衛門、出家後林庵。医を業とした。宗因連歌を学び、やがて俳諧に入った。土橋宗静と親しかった。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿知子顕成 あちし-あきなり

1635-1676 江戸時代前期の俳人。
寛永12年生まれ。和泉(いずみ)(大阪府)の人。西山宗因に連歌をまなび,のち俳諧(はいかい)にはいる。万治(まんじ)3年堺最初の俳諧撰集「境海草(さかいぐさ)」を刊行した。延宝4年4月10日死去。42歳。別姓に山井。名は定宣。通称は作左衛門。号は林庵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

阿知子顕成の関連キーワード顕成

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android