コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難陀 ナンダ

デジタル大辞泉の解説

なんだ【難陀】

《〈梵〉Nandaの音写》
釈迦の異母弟。孫陀羅(そんだら)難陀。
釈迦の弟子の一。牧牛難陀。
唯識十大論師の一。6世紀ごろのインドの仏教学者。
難陀竜王」に同じ。
《〈〉Nandāの音写》波斯匿王(はしのくおう)が仏に万灯を供養したのに対して、わずかに一灯を供養した貧女の名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なんだ【難陀】

〘仏〙 〔 Nanda〕
釈迦の異母弟。のち出家し、感官を統御する力において仏弟子中の第一であったという。孫陀羅難陀。
釈迦の弟子の一人。牧牛難陀。
難陀竜王」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

難陀
なんだ

生没年不詳。仏陀(釈迦(しゃか))の弟子。サンスクリット名ナンダNandaの音写。祖仏陀の異母弟で、容姿端正であったといわれる。仏陀の生まれ故郷カピラバストゥで、美女スンダリーと新婚生活を送っていたところ、出家を勧められて修行に努めるが、妻との愛欲のきずなを断ちがたく、ために仏陀が種々の方便を用いて教化に努め、ついに彼にいっさいの煩悩(ぼんのう)を断じた阿羅漢果(あらかんか)の階位を得させたという。のちに3世紀のアシュバゴーシャ(馬鳴(めみょう))が、その間のエピソードを交えた物語を、珠玉の詩編『サウンダラナンダ』(端正なる難陀)に美しく伝えている。[佐藤良純]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

難陀の関連キーワード八万四千の法門海東高僧伝大乗起信論竜神[村]朝鮮の仏教二十八部衆八大竜王十大弟子華厳経ナンダ仏弟子楞伽経跋難陀李通玄龍神法蔵竜王五師阿難

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

難陀の関連情報