コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難陀 ナンダ

3件 の用語解説(難陀の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なんだ【難陀】

《〈梵〉Nandaの音写》
釈迦の異母弟。孫陀羅(そんだら)難陀。
釈迦の弟子の一。牧牛難陀。
唯識十大論師の一。6世紀ごろのインドの仏教学者。
難陀竜王」に同じ。
《〈梵〉Nandāの音写》波斯匿王(はしのくおう)が仏に万灯を供養したのに対して、わずかに一灯を供養した貧女の名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なんだ【難陀】

〘仏〙 〔 Nanda〕
釈迦の異母弟。のち出家し、感官を統御する力において仏弟子中の第一であったという。孫陀羅難陀。
釈迦の弟子の一人。牧牛難陀。
難陀竜王 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

難陀
なんだ

生没年不詳。仏陀(釈迦(しゃか))の弟子。サンスクリット名ナンダNandaの音写。祖仏陀の異母弟で、容姿端正であったといわれる。仏陀の生まれ故郷カピラバストゥで、美女スンダリーと新婚生活を送っていたところ、出家を勧められて修行に努めるが、妻との愛欲のきずなを断ちがたく、ために仏陀が種々の方便を用いて教化に努め、ついに彼にいっさいの煩悩(ぼんのう)を断じた阿羅漢果(あらかんか)の階位を得させたという。のちに3世紀のアシュバゴーシャ(馬鳴(めみょう))が、その間のエピソードを交えた物語を、珠玉の詩編『サウンダラナンダ』(端正なる難陀)に美しく伝えている。[佐藤良純]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

難陀の関連キーワード優波離迦葉提婆達多牟尼耶輸陀羅阿難陀瞿曇車匿浮屠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

難陀の関連情報