限田説(読み)げんでんせつ(英語表記)Xian-tian-shou; Hsien-t`ien-shuo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

限田説
げんでんせつ
Xian-tian-shou; Hsien-t`ien-shuo

中国で,民間の大土地所有を制限しようという主張。豪族の大土地所有を押え,小農民を保護しようとする農民保護政策の一環として唱えられた。前漢,武帝時代の董仲舒思想にみられたが,哀帝の綏和2 (前7) 年には大司馬師丹が限田法の施行を建言。実施には移されなかったが,王莽 (おうもう) の土地政策のなかにその主旨が生かされた。後漢の荀悦,魏の徐幹らの思想にもみられ,次いで晋の占田・課田制に受継がれた。北魏以降の均田制もこの思想の流れをくむものとみることもできる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android