コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荀悦 じゅんえつXun Yue; Hsün Yüeh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荀悦
じゅんえつ
Xun Yue; Hsün Yüeh

[生]建和2(148)
[没]建安14(209)
中国,後漢の学者。潁陰 (河南省) の人。字は仲予。後漢の献帝の秘書監侍中となる。時に曹操が実権を握り,後漢王朝はまったく衰退していたので,『申鑒』を著わして政治を論じ,また『漢書』を簡便な編年体化した『漢紀』を著わした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐えつ【荀悦】

[148~209]中国、後漢の学者。潁川(えいせん)(河南省)の人。曹操に招かれて黄門侍郎となり、献帝に講義した。著に「漢書」を簡略にした編年体の「漢紀」、「申鑒(しんかん)」がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じゅんえつ【荀悦 Xún Yuè】

148‐209
中国,後漢末の学者。字は仲予,潁川(えいせん)潁陽出身。荀子の13代の孫という。学問を好み12歳で《春秋》に精通していた。曹操に仕え黄門侍郎となり,のち秘書監,侍中と歴任した。当時,権力はすでに曹操に移り,天子はそれになんら対応策をもたなかったので《申鑒》を著し自己の政治論を述べた。また《漢書》を編年体にし簡略化した《漢紀》も著す。ほかに数十編の著作があったというが,それらは残っていない。【冨谷 至】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅんえつ【荀悦】

148~209) 中国、後漢の思想家。荀子の子孫という。曹操に召し出され、献帝に講義を行なった。著「漢紀」「申鑒しんかん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荀悦
じゅんえつ
(148―209)

中国、後漢(ごかん)末の学者。清流として有名な潁川潁陰(えいせんえいいん)(河南省長社県)の荀氏の出身。曹操(そうそう)の参謀、荀(じゅんいく)の従兄弟(いとこ)。字(あざな)は仲豫(ちゅうよ)。献帝の黄門侍郎や侍中として侍講の役を務めた。班固(はんこ)の『漢書』を簡略にした編年体の史書『漢紀』を著し、史実に即しての論評に力を注いだ。また政治についての抱負や神仙養生に関する見解は『申鑒(しんかん)』に述べられている。[吉川忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

荀悦の関連キーワード人性論(中国思想)吉川忠夫性三品説限田説建安

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android