コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

限田法 げんでんほうXian-tian-fa; Hsien-t`ien-fa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

限田法
げんでんほう
Xian-tian-fa; Hsien-t`ien-fa

中国で土地所有の最高額を制限しようとした法令。前漢の哀帝即位の綏和2 (前7) 年,大司馬師丹の建言に基づいて発布された。内容は,(1) 諸侯王,列侯はその封国内に限って私有地の所有を認める,(2) 関内侯以下の所有地は 30頃 (けい) 以下に限る,(3) 奴婢の所有数を諸侯王は 200人,列侯,公主は 100人,関内侯以下は 30人までとする,(4) 商人が官吏となったり,土地を所有したりすることを禁じる,というものであった。しかし宦官などの反対にあって実施されなかった。宋代の限田法は官戸 (官僚の家) の徭役免除を制限するための限田免役の法をさす。煕寧4 (1071) 年王安石の新法として募役法が実施され,官戸は助役銭 (民戸の免役銭の半額) を出したが,元祐6 (91) 年に官戸の土地所有額 50頃 (けい) までに限って助役銭を納め,それをこえた部分は,一般民戸と同様に免役銭を納めさせたことに始る。この限田免役法は政和年間 (1111~17) にさらに整備され,官戸の免役特権は品級に応じて 100頃までに制限され,それ以上の分は一般民戸と同様に差役を課され,官戸の子孫もこの限田法の適用を受けることになった。これは南宋になってさらに強化された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

げんでん‐ほう〔‐ハフ〕【限田法】

中国で制定された土地所有の制限に関する法令。前漢董仲舒(とうちゅうじょ)豪族による大土地所有の制限と小農民の保護のために提案し、前7年、哀帝によって公布された。のちに仁宗も田租などの脱税防止のため採用したが、共に実効はなく終わった。限田策。限田。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

げんでんほう【限田法 Xiàn tián fǎ】

中国で農民保護のため有力者の田地所有を制限しようとした政策。前漢末に師丹の奏により,諸侯王以下土地所有最高額を30頃(約150ha)と定めた命令を出したが,実効はあがらなかった。晋の占田や北魏~唐の均田法もその理念をうけついでいる。宋代にはすでに私有地の制限は不可能であったが,免役の特権を適用される所有地に限度を設け,官人への田土の仮売や名目的寄進等を禁絶しようとした。【池田 温】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

げんでんほう【限田法】

中国で、豪族の土地所有額の制限に関する法令。董仲舒とうちゆうじよの思想的影響を受け、前漢末哀帝の時小農民を保護するために発布されたが実施されず、西晋の占田課田法に継承された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

限田法
げんでんほう

中国における土地所有額制限に関する法。著名なのは前漢末、哀帝の紀元前7年に発布されたものである。その内容は、(1)諸侯王、列侯は各自の封国内においてのみ土地を所有することを認める、(2)関内侯以下、吏・民に至るまでの最高土地所有額を30頃(けい)(137ヘクタール)までとする、というものであり、これと同時に、(3)奴婢(ぬひ)所有数を制限して、諸侯王は200人までとし、列侯・公主は100人、関内侯・吏・民は30人までとする、(4)商人が土地を所有することや、官吏になることを認めない、などの内容が定められた。
 なお、ここでは諸侯王や列侯、公主の最高土地所有額が明確でないが、奴婢所有数に対応して諸侯王200頃、列侯・公主100頃、関内侯・吏・民30頃とされていたであろうと推定されている。この法令は3年の猶予期間を置いて実施される予定で、発布とともに土地や奴婢価格が暴落したという。しかし、外戚(がいせき)や寵臣(ちょうしん)の反対にあい、結局、猶予期間を過ぎても実施されることなく終わってしまった。
 限田法は、当時の豪族などによる大土地所有の発展に制限を加え、漢帝国の支配基盤である小農民の没落を防ぐ意図をもつものであった。これが失敗に帰してのちも、限田の思想は以後の土地制度に継承されていった。[重近啓樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の限田法の言及

【漢】より

…このように豪族のもとに美田が集中し,自営農民も没落して豪族の傘下に吸収されていくと,かつての郷里制社会にみられた共同体関係は当然のことながら失われていた。 これは国家の基盤の崩壊であり,そこで哀帝の前7年(綏和2)には大土地所有者の所有地と奴婢の所有人数を制限した限田法を発布したが,多くの反対者によって実施できなかった。また王莽政権では,耕地を王田,奴婢を私属と称してともに売買を禁止し,所有地の面積に制限を加えたが,この法令も発布後3年で廃止を余儀なくされている。…

※「限田法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

限田法の関連キーワード総合年表(北・東・東南アジア)宋の時代(年表)占田・課田制占田課田法董仲舒占田法限田説西晋李瀷

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android